タイトル

ア

▼蒼山幸子(Vo&Key)
 Sachiko Aoyama
▼沙田瑞紀(G)
 Mizuki Masuda
▼藤咲佑(Ba)
 Yu Fujisaki
▼澤村小夜子(Dr)
 Sayako Sawamura


王国





















こんばんわ、先程元気のない夏ミカンを食べて、すっぱい気分のさちこです。






おととい、よしもとばななの王国という本の1巻を買いました。


3部作だけど、文庫だし1冊がけっこう薄い本です。
その日の夜に1は読んでしまい、
昨日は2巻を買って、その夜読んでしまい、
今日3巻を買って、さっき読み終えてしまいした。




これは本の魔力なのか、それとも夜の魔力なのでしょうか、わかりません。

でもぐいぐい読めてしまいました。




お話はというと、


来た人の悪いところや、悪い気分を不思議に治してしまえるお茶を作れるおばあちゃんと、
そのお手伝いをしながら育って、山の中で暮らしていた女の子が、
町に降りてきて、いろんな人と出会う、、、






ばななさんの本は、
これといって大事件が起こるわけでもなくて、
とくにどんでん返しなんてないのだけれど、なんだかいつも世界に引き込まれてしまいます。

普通に見せかけて、ちょっと変わっているひとたちの、
へんてこで切なくて、うれしい、ふつうの毎日に、毎回どこかで目が熱くなってしまいます。

こんな人いないだろーとか思いつつ。
こんなことないいだろーとか思いつつ。

ちょっと繊細すぎる気もするけど、
なぜか共感できる瞬間が、ちらほら隠れている気がします。




















サボテンを、育てようかな、と思いました。


もしくは、アロエ。


とか言って、まだまだ買いに行く勇気はきっとないのですが、、、、笑


こういう気分になれるのって、とても貴重なことだと思いながら。




おやすみなさい*
[PR]
by negoto_ex | 2010-06-03 23:15 | 「蒼山幸子」のねごと