タイトル

ア

▼蒼山幸子(Vo&Key)
 Sachiko Aoyama
▼沙田瑞紀(G)
 Mizuki Masuda
▼藤咲佑(Ba)
 Yu Fujisaki
▼澤村小夜子(Dr)
 Sayako Sawamura


にわか雨の日















こんにちは、幸子です。



先週13日はリキッドルームにて、「キューン20 イヤーズ&デイズ」

RHYMESTERさんとの対バンでした。



ほんとうに異色の対バンで、決まった時は腰を抜かしました。

一緒にセッションもして頂いて、もう、、楽しかったなあ。

まさかカロンで、宇多丸さんとMummy-Dさんにあんなにかっこよいラップをつけてもらえる日が
来るとは思っていませんでした。

ねごともinto the nightを一緒に演奏させて頂いて、なんかねステージから見たみんなの顔が
きらきらしてるのもすごく印象的だった。

RHYMESTERさんは3人とも、優しくて、気さくで、すばらしい方々。
終わったあと、がっちりと一人一人握手をしてくださいました。

さやこがMCでも言ったけど、ねごとはいま21歳で、
キューンが20周年だから1歳の時に出来て、数々の素晴らしいアーティストを出してきたのかと思うと、本当にすごいことだなあと思います。


何よりこんな素敵な先輩がいて、そして来るお客さんの顔がきらきらしていて、
そういう人が集まってくるイベントができるということがキューンの素晴らしさを表しているんだと思いました。

ねごとも素敵なバンドになっていきたいな。

来てくれたみんな、ありがとう。





そして15日は福岡DRUM SONにて、学生限定ツアー3日目。
対バンはまたしても同じキューンのレーベルメイト、TOTALFAT!

異色なように見えたかもしれませんが、
実はTOTALFATさんは、バンド歴はもちろん先輩だけど、
レーベルメイトとしては同期のバンドなのです。

何度かフェスとかで対バンすることはあってもじっくり2マンは初めてだったので、
楽しみにしていました。

やはり熱い!しね、やっている4人の絆みたいなものが楽屋から見えて、すてきでした。
真のライブバンドだなあと思いました。

福岡、来てくれたみんなありがとう。楽しんでもらえたかな。

開演前と開園後、物販に立った時とかに、はじめてライブを見にきてくれた人や、
ねごとのコピーをしてますと言ってくれる人、または何回も来ていますと言ってくれた人。
いろいろ話せて嬉しかったよ。

まっすぐでピュアで、きらきらしているみんなの顔を見ているとステージの上で本当に力をもらうんです。

ありがとう。
学生限定ツアーも残り一本。

そしてそのあとはワンマンツアー。
どれも全力でやっていくよ。今、一本一本終える度にやっぱり次の壁が見えてくるんだけど。
だけど、みんなからもらったもの、ねごとの中で出来たもの、
何かが少しずつ育っていってると思う。

その日にしかできないものをみんなと作りたいし感じたいなあと思うから、
来てくれる人は楽しもうね。まだわからない人もライブ会場で待っているよ。





今日はにわか雨がよく降るね。
でも、春の土の匂いがしてああいいなあと思いました。

最近あったかくなってきて、だけどこう曇ったり晴れていたり、不安定な感じの春って、
たまにすごくよく晴れた日にぐんと、夏のイメージが迫ってくることがある。
そして突然嬉しくなるんだよね。
虫の声とか、陽炎とか、じりじりしたアスファルトを思い出したり。

あとは台風がくる前の梅雨のむしむしした感じとか、
去ったあとのちょっと肌寒くてさらさらした感じとか。

冬はたとえ晴れたとしてもそういうイメージは一度も沸かなかったのに、
なぜかあったかくなるとそういうことが起こるんだよね。


空が違うからかな。


あとでもう一度散歩に出たいです、犬と。
[PR]
by negoto_ex | 2012-04-17 15:43 | 「蒼山幸子」のねごと